見た目に良い歯の矯正方法

口元

札幌市内を歩いて感じることに、歯科が多いことがあります。また同じ歯科でも矯正歯科と言う看板も目立つようになって来ました。ちょっと前までは、この矯正歯科と言う存在も知らなかった人もいるのではないでしょうか。過去には歯並びが悪くともそのまま育てられた人も多く、見た目が悪くなってしまったり、虫歯や歯周病に悩まされた人も多いと思われます。と言うのも歯並びを綺麗にするためには、歯の矯正を行うことになります。その方法として、歯の全てに金属性のブラケットと言われる装置を付ける必要がありました。ですが近年になり多くの人が嫌がるワイヤーとかブラケット装着の矯正方法ではなく、マウスピースを咥えるだけで矯正出来る装置が出て来ました。それがインビザラインと言われるものになります。

歯の矯正でも不便さを感じない

マウスピース

ブラケット装着では食事の時に不便さを感じることや、痛みも感じることが多い上に、治療が数年もかかると言った長期になることが一般的でした。そのため子供さんには大きな身体的な負担になる場合もあり、実行に移す人も少ないのが現実でした。ブラケットを付けることは身体の成長と共に顔も大きくなる訳です。その時ブラケットでは痛みを感じることも多く、矯正を断念してしまう人で出て来ていました。その中で開発された札幌で人気のインビザラインは、マウスピース型と言うこともあり、目立つことなくストレスを抱えることなく装着出来るものでした。

独自のチェックシステムが活躍します

マウスピース

札幌で行うインビザラインの特徴としては独自のチェックシステムがあり、事前に治療におけるシミュレーションを行うことです。治療間中の歯の動きを3D画像で確認出来ると言う画期的なシステムが用いられています。そのため結果が事前にわかることで、患者自身が安心して治療を受けることが出来るようになっています。マウスピースにおいては厚さが薄くなっており、色は透明色に近くなっているので矯正をしていると気が付かれないことも多くあります。また自分自身で脱着が可能にもなっており、便利な使い方が出来るようになっています。

見た目にも使い方にも人気が

歯科治療

一般的な歯の矯正方法は装着を歯に固定することから始まり、終了時までは取り外すことが出来なくなっています。ですが札幌で行うインビザラインでの矯正では、自分自身で簡単に脱着出来るメリットがあります。脱着が出来ることで、綺麗に洗い流すことが出来、常に清潔さを維持出来ると言った良さも出て来るのです。また脱着が可能と言うことで、歯磨きがしやすくなります。ブラケットと言った装置がないことで、歯の隅々まで綺麗にすることが出来虫歯防止にも良い方法となっています。このインビザラインは働く女性にも人気です。目立つことないため接客時の対応にも、笑顔で仕事が出来るようになっていることからも、若い女性に人気の治療方法になっています。